納税の関係について

会社設立と納税の関係について

会社設立をする目的にはいくつかの種類がありますが、既に事業を行っている人が後付けで会社設立という選択肢を検討する背景には納税に関する何らかの目的がある場合が少なくありません。世の中には会社設立をせずに事業を行っている個人事業主と呼ばれる人が少なくありませんが、この様な人が事業に成功する様になると多くのケースにおいて会社設立による法人化を行うようになります。そこには納税しなければならない税金を節約する効果を得るためという目的が存在しており、その様なメリットを得るために会社を作る人が増えているのです。

例えば個人事業主の場合には事業収入は全て個人に入ってきます。その収入は全て個人的な所得であり、課税対象になるのが特徴となっています。そのため年度末には事業用の確定申告を行い、所得に対する税金の支払いをしなくてはなりません。その様な税金の支払いは事業規模が大きくなるに従って大きくなり、個人で事業をするメリットはどんどん大きくなっていくのです。個人所得に対する税率は非常に高く、法人化数rことそれ自体が納税額を低く抑えて利益を大きくする目的にかなっているのです。また個人の収入に関しても大きな節税につながります。会社設立をして法人化すると、自分の取り分に当たる報酬は経費として利益から控除することが出来るようになります。これは個人所得として課税対象になる個人事業とは大きな違いであり、極めて大きなメリットであると言えるでしょう。そのため事業規模の拡大に伴って会社設立をしないメリットは殆どないのが現状です。

もう一つの節税のメリットは消費税であると言えます。事業収入が1000万円を超えてくると消費税の納税義務が発生してきます。この消費税は成長過程にある事業にとっては非常に大きな痛手となります。そこで選択されるのが会社設立という方法なのです。この手続きを行うと1年間は消費税の納税が免除され、更なる成長のための猶予期間が設けられます。そのため収入が1000万を超えるタイミングというのは会社設立のための重要なポイントであり、節税可能な範囲で法人設立のための費用を捻出することも可能です。この様な様々な節税に関するメリットがあることにより、後付けで法人化を検討する個人事業主が少なくないのです。会社設立には他にも出資金を上限とする有限責任が認められるなど様々なメリットがありますので、ある程度の規模の事業になったら強く推奨される仕組みであると言えます。