会社設立のメリットとは

押さえておきたい!会社設立のメリットとは

何かこれから事業を立ち上げたいという方がまず最初に悩まれるのが、会社を設立するか、それとも個人事業主としてやっていくかという点ではないでしょうか。会社設立は誰でも経験するようなものではありませんし、手続きが煩雑そうとかお金がかかりそうといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかしたまにテレビなどで芸能人の個人事務所設立のニュース等に接して、なんとなく総合的にみると会社をつくったほうが得なのだろうと感じてらっしゃる方が多いのではないでしょうか。結論から言えば会社設立のメリットはデメリットよりも大きく、事業が成功すればするほどその恩恵は増します。

会社設立のメリットとしてまず挙げられるのが節税です。税金対策に会社をつくったなんて話を聞いたことがあるかと思いますが、ある程度の利益をあげられるようになったのなら会社のほうが個人事業主より有利です。これは所得税と法人税の税率の差によるものです。所得税は皆さんご存知のように累進課税ですので、稼げば稼いだだけ支払う額は大きくなりますが、法人税は会社の種類や規模によって税率が決まり、原則一定です。ですから事業が成長するにつれて両者の差はひらく一方です。一般的には年間所得が4、500万円程度に達したあたりから会社設立を考えたほうが良いといわれています。

また会社の場合、事業費用として認められる範囲が広く、課税対象となる所得を抑えることが容易です。たとえば事業用として自動車を購入した場合、個人事業主なら代金全額が費用として認められることは特別な事情でもないかぎりありませんが、会社であれば全額費用として認められます。これは個人事業主の場合、どうしても私的な利用と事業のための利用との線引きが曖昧になってしまうためです。一方、会社は個人と会社の財布が明確に区別されているため、費用として認められるものがはるかに多いです。自宅を事務所として利用した場合でも一定の条件付きで住居費や光熱費を費用として計上できます。

会社設立のメリットは以上のような経済的な側面ばかりではありません。社会的、経済的信用という無形の財産も大きなメリットの一つです。会社は設立に際して登記されるので、仮に取引相手として不安な点があった場合でも簡単に本店の所在地や役員の名前などを確認することができます。しかし個人事業主であれば会社のようにはいかないので信用を得るのはかなり困難です。実際、会社以外とは取引しないという企業も多くありますし、銀行から融資を受ける際も会社のほうが有利です。また従業員を募集するにあたっても優れた人材を確保するためには当然会社のほうがよいでしょう。