喜ばれる会社設立祝い

知っておきたい喜ばれる会社設立祝いについて

知人や友人が独立や開業など、新たなステップに進んだ時にお祝いの気持ちを送りたくなったことがあると思います。会社設立のお祝いの品でしたら正面玄関に飾ってもらえるようなお花が一般的かもしれません。最近ではフラワーアレンジメントが盛んですから、会社や店舗の規模に合わせて様々なサイズやイメージを選んで贈ることが出来ます。プレゼントを用意して、ご挨拶に伺うのも良いですね。新たな門出を迎えた方々に喜びを伝えたり、飛躍を祈念し前途を励ますような気持ちでご挨拶したりプレゼントを贈ると、きっと喜ばれることでしょう。

会社設立などのパブリックなお祝いにはどのような贈り物をすれば良いのでしょうか。基本的に友人や家族などのお誕生日プレゼントを選ぶような基準を持っていれば大丈夫です。相手が欲しがっている者を事前に調べて贈り物をすることが出来れば一番良いでしょう。他にはやはり自分が送られてうれしい物、普段自分ではなかなか購入しないような品物も喜ばれます。会社設立や開業のお祝いならば相手が年上や目上の方であっても現金や商品券を贈っても、失礼にはあたりません。お祝い用の祝儀袋にはいくつかの種類があり、それぞれに意味がありますので調べてみてください。

逆に会社設立などの門出にふさわしくない贈り物には、どんな物があるでしょうか。お祝いの席にですから、いくつか避けるべき条件があります。もっとも気を付けなくてはいけないのは「社名を間違える」行為です。良かれと思って新設された社名入りで贈り物をしても、肝心の名称が間違っていたら台無しです。もちろん社長さんなどのお名前を間違えるようなことがあってはいけません。もっとも失礼に当たると言う事は誰の目にも明らかです。他にも縁起の悪い品物や数量の贈り物をする、ご挨拶状を添えないなど、一般的な社会人として失礼に当たる行動をとらないように注意してください。

一般的に人気のある贈り物は、やぱりお花や植物のようです。会社設立や開院・開業を華やかに彩って差し上げましょう。胡蝶蘭の鉢植えなど一目見て豪華な演出になる物や、オープンの喧騒が去った後にもインテリアとして落ち着いたたたずまいを見せられる観葉植物など、様々なバリエーションがあります。また花束をたくさん贈られるような方でしたら、どんなタイプの花束にも合わせられるようなシンプルなフラワーベースを差し上げるのもアイデアの一つです。縁起の良い置物として招き猫など愛嬌のある品物も喜ばれることでしょう。お祝いの気持ちを色々な方法で伝えられると良いですね。